--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/05/2013    寝台列車
飛び乗るようにのった寝台列車。

しかし、乗ってみてがくぜんとした。
寝台列車というと横になれるもんだと思っていたのだが、普通の座席があるだけで、どこにもベッドらしきものはない。

どうやら横になれるのは、一等列車のみらしい。

これで、一晩か。
きついな。

でも、もうどうしようもない。

少しすすむとソファーみたいな座席があったので、ここならもしかしたら横になれるかもしれないと期待してそこに座る。

しかし、その期待は5分で裏切られた。
すぐにどかどか人が入ってきて、大人6人が仲良く横一列に座る形になった。

まじか、これで一晩か。
きついな。

でも、どうしようもない。


そんなこんなで列車は走り始めたのだが、しばらくすると、年老いた物乞いの人が列車にやってきた。
そしてすぐに、今度は若者がお金をくれと、ずかずかと中に入ってきた。

しかし、彼らはすぐに警官みたいな人に追い出されていった。


まじか、こんな感じで一晩すごすの?と半ば絶望的な気持ちになったが、人間とは時間がたてばなれるもので、時間がたつと眠気がやってきてくれた。

そして、だんだんと人も途中で降りていき、しばらくするとコンパートメントの中は、僕と知らないおじさんだけになった。
暗くて顔が見えないの状況で、知らない人と一緒の空間にいるというのは少し怖かった。

途中、どうしてもトイレに行きたくなった。
しかし、外の廊下にはさっきのお金をくれと入ってきた若者が廊下に座っている。

寝台列車モロッコ


怖さもあって、トイレをがまんしようと思ったが、マラケシュ到着まであと4時間、どうしても我慢できそうにない。

思い切って外に出ようとすると、警官みたいな人がたまたま通りかかり、若者と口論をし始めた。

今がチャンスだ。とそのすきにささっとトイレをすます。
しかし、そのトイレの汚さは半端じゃなかった。
ここでは描写はしない。

用がすみコンパートメントに戻ると、
なんと…
さっきいたおじさんが僕の荷物をあさっていた。

荷物といってもスーパーの袋にパンツと靴下と、30円のボールペンしか入っていないものだ。
さすがにこれはだれも取らないだろうと思っていたんだけどな…。


モロッコの寝台列車。
デンジャラスです。

スポンサーサイト
06/30/2013    写真
「いろんなこと」の内容を書きたいのですが、2~3日山脈超えが続き、宿もちょっと微妙な感じなので、しばしお待ちください。

現在アルハンブラ宮殿で有名なグラナダにいます。次、更新することには、バレンシアあたりだと思います。
長かったアンダルシア地方とも明日でお別れです。


山を越えている間、モロッコの写真をアップしたので「Flickerはこちら」というところからよかったら写真も見てやって下さい。

もしくはこちらから
http://www.flickr.com/photos/96273629@N06/


「いろんなこと」の少しは伝えられるかもしれません。


また、写真がたくさんあるので、国ごとに写真もまとめました。

「sets」というところを押すと写真が国ごとに分かれていて見やすいかと思います。


では、明日から山超えが続きますが、負けずに頑張りたいと思います!

おやすみなさい!
06/30/2013    マラケシュへ
モロッコの港街に一泊し、さあスペインにもどるためにチェックアウトをしようとすると、

宿の人に

「これからどうするの?」

と聞かれ、

「これからスペインにもどる予定だよ」
と答えました。

すると、
「え!もうもどっちゃうの?マラケシュとかサハラ砂漠にはいかないの?」

と宿の人。

マラケシュ?何だろうその街は。
サハラ砂漠?サハラ砂漠が見れるの!?

行ってみたいな。

そう思ってしまいました。

しかし、ふと思い立ってきたモロッコ。
その時もっていたものは、お金やパスポートとカメラとアイパッドとタオルのみ。

かえの下着も歯ブラシも充電器も何ももっていない状態。

しかも、自転車を預けさせてもらっているキャンプ場のオーナーには、明日の夜にはもどると言っちゃった。

それに、ゆっくりしすぎている余裕はない。早く進まないといずれ冬が来る。

どう考えても行くべきではない。


しかし、行ってみたいと思ってしまった。
僕が迷っていると

「カフェに行ってモロッコティーを飲んで、それから考えるといいよ」
と宿の人。

なんと素敵な提案!

そこで、教えてもらったカフェに行き。
ユーラシア大陸を眺めながら、モロッコティーを飲む。

モロッコティー

モロッコ人が大好きなモロッコティー。
あまいハーブティーみたいなティーです。一杯50円~80円ほど。


目の前の雄大な大陸を見ていると、同時に自分の背中にも広大なアフリカ大陸がずっと続いていること感じる。
後ろめたいって本当に文字通り後ろめたいことなんだなとか考えながらティーを飲む。
そんな気持ちで飲むモロッコティーは、甘くて甘さばかりが気になる味。

こんな気持ちでユーラシア大陸に戻りたくない。

もともと後悔したくないという気持ちで始めた旅だ。
行ってみて後悔するならまだいいが、このまま戻ってやっぱり行っとけばよかったと思ったらそれこそ、後悔してもしきれない。

よし、行こう。

そう決心し、モロッコティーを一気に飲み干す。
今度は、ハーブの香りと甘さが絶妙にマッチした味がした。ような気がした。

寝台列車の時刻を調べ、チケットを購入。

そして、一日限りのつもりが気が付くと寝台列車に飛び乗り、マラケシュに向けて出発していました。

そして、いろんなことが起こりました。

寝台列車出発
06/28/2013    イスラムのやさしさ
モロッコにつくと世界が一気に変わりました。

しつこい客引き
散乱したごみ
道端にたむろする人たち
じろじろと遠慮のない視線
鼻をつく悪臭…

今までのヨーロッパとのあまりの違いに最初はびびってばかりいました。

しかも、日本人とわかるとお金をぼったくろうとしたり、お金を恵んでくれと迫ってきたり、チップを強引に要求してきたりといやな思いをすることも到着してすぐに経験しました。


そんな中、あらかじめ目星をつけていた宿を探してあるいていたのですが、一向に場所が分からない。
40℃近くまで気温があがる中、探し回っているとだんだんふらふらしてくるのが分かりました。

このままだとちょっときつい。
ということで、思い切って近くを歩いていた青年に道を聞いてみる。

しかし、英語がほとんどしゃべれない。
しかし、どうやらその宿のオーナーが彼の兄だという。

なんかうさんくさい話だな、と思いながらも懸命に道を教えようとしてくれるすがたに、人柄のよさがにじみでていました。


すると、お昼ごはんをうちで食べないかとのお誘いが。
うーん、出会ってすぐの人を信頼し、うちに上がり込むのは危険だし、さっきいやな思いをしたばかりだ。

しかし、不思議と彼を信じてみたくなった。
話していて不思議と信じられると思った。

そこで、思いっ切ってお誘いにのることに。

暗い階段をのぼりながら、あーこれで何人かに待ち伏せされてたらちょっと勝ち目ないなーと思いながらも、導かれるように家の中へ。


すると…

怖い人たちが待っていた…
わけではなく、
無邪気な高校生の弟と、やさしさにあふれているお母さん、不愛想で威厳たっぷりのお父さんが迎えてくれました。

モロッコ家族


みんなでモロッコの代表的な料理、クスクスを食べる。

クスクス

世界最小のパスタと言われているクスクス。
家庭によってクスクスの味は違うらしいのですが、お母さんが作ったクスクスは素朴で家庭的な味つけでした。


ごはんを食べ終わった後は、弟さんが一緒にモロッコの港町、タンジェのまちを案内してくれました。

タンジェ観光


モロッコにはいろんな人がいます。
本当にいろんな人がいます。

人間のみにくい部分も、人間のすてきなところもすべてが見れる、そんな場所がここ、モロッコではないかと思います。


オマール、ミコウ、お母さん、お父さん、ありがとう。

あなたたちのやさしさは忘れません。

モロッコのお母さん

06/25/2013    モロッコ
なかなかブログ更新できずにすみません。
でも、それだけ充実した日々を送っています。

実はこの1週間ほどアフリカ大陸のモロッコに行っていました。

スペイン最南端からアフリカ大陸までどれくらい離れているとおもいますか?

実は…
たったの15キロしか離れていないんです。

15キロ

スペイン最南端のタリファというまちからはモロッコの山並みがきれいに見えます。

モロッコの山

この山並みを見たとき、

「行こう」

と決めました。

最初は1日だけ滞在し、戻ってくる予定だったのですが、モロッコの魅力、アフリカの魅力にひかれ気が付いたら一週間も滞在してしまいました。

そんなモロッコでも、すてきなことがたくさんありました。

取り急ぎ一つ紹介したいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。