--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、去年教えていた子どもたちと念願だったスカイプ交流ができました。



私事ですが、僕は去年一年間公立の小学校で教師をしていました。


「旅は旅そのものに意味がある。
だから、旅に旅以外の付加価値をつけず、旅は旅そのものであるほうがいい。」


去年教師をする前は、そう考えていました。


だけど、去年教師を務めているうちに考えが少し変わりました。


教師は一度、教え子を持つとずっとその子たちのことが気になるもんなんですね。



去年の一年間は、信じられないほどハードな一年でした。

初めて社会人になり、
初めて教師になり、
初めて担任となり。


思い描いていた理想の教師像や仕事とのギャップに負けそうな時もなんどか。。。(しばしば笑?)


でも、必至についてきてくれた子どもたち。


そんな一年をともに過ごしてきた子どもたちは、僕にとって忘れられない存在に。



そんな子どもたちに、旅で経験したこと、感じたことを伝えたい。

自分で決めた道に向かって頑張る姿を示したい。



そのことで、ちょっとでも世界に対して興味を持ってくれれば。

そのことで、ちょっとでも、自分の夢をつくるきっかけになれば。


そんなことを考えるようになりました。


それから半年間ほど、少しずつ計画し、教え子たちとスカイプをしながら旅ができるようになりました。



出発前には、子どもたちに精一杯思いを伝えました。

なぜ、こんな旅をしていくのか。

今どんな気持ちなのか。

どんなところを旅をしていくのか。

子どもたちに出発前




そして、ついに念願だったスカイプ交流会が先日実施できました。



目の前には懐かしい子どもたちの顔が。

画面の向こうには200人ほどの子どもたちが。。。

念願のスカイプ交流会




旅のルート。

旅での出会い。

世界と日本とのつながり。

ユーラシア大陸とアフリカ大陸の近さ。

今までの気持ちなど


限られたことしか話せなかったけど、素敵な時間を過ごすことができました。


2万キロ近くも日本と離れているのに、こうやってリアルタイムで子どもたちと交流できるなんてすごい世の中ですね。



最後に子どもたちの歌が聞けたのが、うれしかったな。

前に進む元気をもらいました。



この活動を通して、ちょっとでも世界に対して視野が広がったり、自分の夢をつくるきっかけになってくれればと思っています。


子どもたちに「先生も頑張るよ」とかっこつけちゃったから、いろんなことに負けずに頑張ろう笑

とりあえず、暑いけど進もう。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。