--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと憧れていたスペイン。

僕にとってスペインは小さいときから憧れていた国だった。

理由は分からない。

でも、フランスでもイギリスでもアメリカでもなく、なぜかスペインという国の響きに憧れていた。

だから、僕にとってスペインにいる。
それだけで、毎日が幸せだった。


でも、そんな憧れていた国が最後には大好きな国に変った。

それは、スペインの最後にマルコスに出会えたからだ。




彼との出会いはアンダルシア地方のグラナダの小さな教会でのことだった。

たまたま訪れたグラナダの小さな教会。
そこでは、グラナダの歴史を説明してくれるという。

たまには、知的財産でも増やそうかということで、その説明に参加することに。

でも、僕以外全員スペイン人。

説明してくれる人が、
「スペイン語の後に英語でちょっと説明してあげるね。」
と言ってくれたが、僕一人のためにほかの人に申し訳ない気持ちだった。


そんなときに声をかけてくれたのがマルコスだった。

「日本人ですか?僕は日本に住んでいたことがあって日本語がしゃべれるから同時通訳をしてあげるよ。」

最初は少し、いいのかなという気持ちだったが、彼のやさしさに甘えることに。
そこでは彼に通訳をしてもらった。


説明が終わり別れ間際に、彼がバルセロナに住んでいて、僕がちょうど行くころにはバルセロナにもどっていることが判明。

「もし、よかったらうちにおいで。」

そんなありがたい言葉をもらって、彼と別れた。



そして、僕がバルセロナの300㎞手前のバレンシアにいるときのことだ。

彼から
「今どこにいるの?もしよかったらうちにおいでね。」
そんな優しいメッセ‐ジを送ってくれた。


バルセロナに近づくにつれて物価は目に見えて高くなっていった。

正直、僕にとって物価の高さは死活問題。

ここでも彼のやさしさに甘えることにした。


そして、彼の家についてびっくり。


なんと家の目の前にプールが。。。

プールが


そして、キングサイズのプライベートルームが。。。

キングベット


おいしいごはんに、洗濯まで。。。


でも、それ以上に、マルコスの家に着いた時、家族のみんなが歓迎してくれたのがうれしかったな。
マルコスの母とアップ用


マルコスとは、一緒にバルセロナを観光したり、旅の装備品を買いに行ったり、ラーメン屋に行ったりした。


久しぶりに食べるラーメンは、涙が出そうになるほどおいしかった。
ラーメンの汁をすするたび、麺がのどを通る旅に、僕の心が潤っていくのを感じた笑。

ラーメン


ラーメンとマルコス


おいしいラーメンがないと僕は幸せになれないことが分かりました笑。


マルコスは日本語がペラペラ。
そして言葉だけでなく、文化やサブカルチャーについても詳しい。

そんなマルコスと日本語で日本について話すことは、懐かしい旧友と話すかのように心が和らいだ。


そして、毎日の刺激的な生活に自分がつかれていたことが分かり、自分の心が癒されていくことを感じた。


別れは惜しかったが、彼と別れた後ペダルをこぐ自分の足に力がみなぎり、目の前に広がる景色がより一層鮮やかに見えました。

鮮やかに見えた海


マルコス、そしてマジョ家のみなさん、本当にありがとう。
日本でまた、みんなに会えるのを楽しみにしています。

マルコスとアップ用






Secret

TrackBackURL
→http://yuichiroeurasia.blog.fc2.com/tb.php/21-852504a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。