--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/25/2013    トルコ人のやさしさ

イスタンブール出発からおよそ二週間。

今、僕はトルコの広大な大地を走っています。

こんなに広大な土地をひたすら自転車で走ることは生まれてはじめて。
容赦なく吹く強風と、這うように進む坂道と日々戦っています。

景色1


きついですが、つらいとは感じません。

いやいや、ウソウソ笑
正直きついでしょ笑。


確かにきついですが、つらくはありません笑


なぜか。

それは、

日々トルコ人の半端じゃないやさしさに助けられているからです。


道行く人がみな僕を見かけると

「メハバ!(こんにちは!)」

と笑顔で手を振ってくれます。


そして、

「チャイ?(紅茶飲まないか?)」

とたくさんの人が声をかけてくれます。

チャイ


チャリこいでいると1時間に一回は必ず声をかけられます。

チャイを飲んだ後、「さあ行こう」とチャリをこぎだした途端に、別の人が声をかけてくれることもしばしば笑。

お蔭で進めない笑。

でも、そんなトルコ人のやさしさが好きでどうしてもまってしまう。

CAY




トルコは親日国として有名。

僕が日本人だとわかると

「ジャポン!」
と目を輝かせながら、本当にやさしくしてくれる。

大人も子どものようにはしゃいで、「日本人だって!」と気が付いたら近所の人ほとんど集まっていたなんてことも笑。



そんなトルコでは、寝床を探すのも苦労しない。

日が傾き始めたころに

「ここにテントはっていいですか?」

と頼むと

「いいよ!」

と、快諾してくれる。

今のところ成功率100%。
「だめ」と言わないどころか、誰も嫌な顔ひとつしない。

場所はどこでも。
庭先だったり、食堂の横だったり、モスク(イスラム教の教会)の庭だったり…。

そして、テントを張っていると人が集まってきて、夕食をごちそうしてくれるのだ。
中には、「うちへおいでよ」と家に招いてくれる人も。

やさしさ3

やさしさ2



お蔭で、イスタンブールを出てからサムスンまで、ほとんど宿には泊らなかった。

ちょっと出会いに疲れて、ホテルに泊まった時も、結局いろんな人が集まってきてやさしくしてくれた。

やさしさ4



旅につかれ始めた僕にとって、トルコ人のやさしさは涙がでそうになるほど身にしみる。

彼らのやさしさは底なしのやさしさだ。

イスラム教には、旅人に親切にしなさいという教えがある。
僕が日本人だということも大きく関係してるだろう。

でも、そんなこととを考えても、こんなにたくさんの人がここまでやさしくしてくれるのは信じられない。



トルコ。

今までで一番好きな国になりそうです。



tasasisa2



やさしさ5

やさしさ1



Secret

TrackBackURL
→http://yuichiroeurasia.blog.fc2.com/tb.php/38-b87e3714
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。