--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/08/2013    イラン国境付近で

「ハロー!ハロー!」

子どもが自転車に向かって駆け寄ってくる。

なんとも微笑ましい光景。

そして、次の瞬間には必ずこういわれます。

「マネー。」





今僕は、トルコとイランの国境付近、トルコの最も東に位置するアール県にいます。

大好きなトルコ人に支えられここまでやってきましたが、ここアール県に入ってからは、実はちょっと気が滅入ってしまうことが続いていました。


人が冷たい。

特に子どもたちが。


子どもたちは、僕の顔を見るなり「マネー」とよってたかってきます。


それだけならまだマシ。

僕の顔を見るなり

「ファックユー」

とか

トルコ語で侮辱的な言葉を投げかけてくる子も。

トルコ語で意味は分かりませんが、彼らの嘲笑う言葉きはとても嫌な響きがします。


アール県はクルド人が多く住む地域。
クルド人は自分たちの国を持っていない世界最大のコミュニティ。
そして、ここら辺はトルコの中でもかなり貧しい地域にあたる。

だからなのだろうか。
貧しさや歴史がこう人を変えるのだろうか。

でも、人種や地域が変わるだけで、こんなに人間って変わってしまうんだろうか。


子どもが言うことなので、怒る気持ちは起こってこないが、ここまで会う子会う子に「マネー」やら「ファックユー」を連呼されるとさすがにつらくなってくる。


アール県は標高が高い。

自然も厳しい。

2000m以上の高地にあるし、周りには3000mを超える山が連なり、一番高い山は5000mを超えている。

だから寒い。

夜は雪が降ることも。

そんな中、応援でも励ましでもなく、ただの金づるとしか見ない発言や、心のない侮辱の言葉は骨身にこたえる。


寒くて、日が完全に暮れて困っていた時に「マネー」と言われ、別れ際に「ファックユー」と言われた時は、骨身にこたえるというか、身も心も寒くて凍え死にそうになりました笑

トルコ人が底なしのやさしさだっただけに、そのギャップもきつい。

もちろん、中にはやさしい人もいる。
だけど、あまりにもお金をせびられたり、侮辱的な言葉を何度も浴びせられるとさすがに限界を感じ始める。



あー、旅、もう嫌かも。



そう思い始めたときのことでした。



ある人たちが僕を救ってくれました。

本当に救ってくれました。


それは、シリアの人たちでした。

彼らに出会ったのは、村はずれの川沿いでのこと。


最初彼らがシリアからの難民だとは気付きませんでした。
ただ、遠くでおいでおいでと手招きしてくれているので、「なんだろう」という気持ちで彼らの近くへ。


そして、近づくにつれて「ユニセフ」の文字が入ったテントに気づき、


「もしかして、あの人たちはシリアの人たちかもしれない。
今までお金をせびられてばかりで嫌な思いをしているばかりだ。
お金とかせびられるかもしれない。行くのやめようか…」

と近づいたことを少し後悔しました。

しかし、彼らは満面の笑顔で手招きをしてくれている。

ちょっと迷ったが彼らの笑顔を信じてみることに。

すると、やはり彼らはシリアからの難民でした。


でも、彼らはお金をせびろうとするどころか、笑顔で僕を迎え入れてくれている。




そして、信じられない言葉が耳に飛び込んできた。



「寒かったろう。チャイ飲むか?おなかはすいてないか?パンたべるか?」




……なんで?


あなたたちの方が寒いはずでしょ?


あなたたちの方がおなかすいているはずでしょ?


なんで…?


言葉にならなかった。


寒かったし、おなかはすいていたけど、とてもじゃないけど受け取れなかった。

でも、気が付くと本当に久々に満たされた気持ちになっていた。


その後は、これまでの旅の話をしたり、彼らのシリアへのあつい思いを聞いたりして、それは楽しい時間を過ごすことができた。


そして、何か彼らのためにできないかと思い、最後に子どもたちにこの旅のプロジェクトの糸つなぎをしてもらおうと思った。

これまでの子どもたちには、繋ぐ糸に名前と夢を書いてもらっている。


でも、そこで、気付いた。


「とても言えない。」


夢を書いてくれっていったって、、、


この子たちにとって今の夢は、家に帰ること以外ありえない。
今のこの混乱が終わること以外ありえない。

さっき、シリアの話をあんなにあつく語っていたばかりだ。



ここは寒い。

夜はこんなテントじゃ凍える寒さに違いない。

食糧だってこんなになんにもない土地じゃ十分に確保できないはずだ。

周りのトルコ人やクルド人も大量の難民に対して歓迎するはずがない。だから、こんな村から外れたところで生活しているんだ。



家に帰りたい。

それ以外、今の夢があるはずがない。


異国で寒く、冷たくされる経験の辛さ、帰りたい…

この気持ちは今の僕は痛いほどよくわかる。


そう気づくと、とても「夢を書いて」と言うことができなかった。




「戦争で被害を受けているのは、戦争に関係のない人たち」ではない。

戦争で被害を受けているのは、今目の前にいるまさにこの人たちなんだ。



こんなにやさしい人が被害を受けているんだ…。

こんなにやさしい人が…。

なんで…。




なんで戦争なんてあるんだろう。

彼らと別れた道の途中で本気でそんなことを思った。




でも、途中でまたあることにも気付いた。

彼らがいつも笑顔だったこと。

2



彼らがつらそうな表情をしていなかったこと。

3

4


彼らがつらくないはずがない。
自分ではどうしようもない状況下にありながら、人へのやさしさを忘れず、笑顔で生きている。


自分が情けなくなった。


ちょっと人がやさしくなくなったからって、自分は人にやさしくしていただろうか。
ちょっと冷たくされたからって、自分は笑顔を作っていただろうか。


彼らみたいになりたい

そう思った。



風は相変わらず向かい風だった。

でも、いつの間にか雲がなくなり、初めてアララト山がきれいに見えた。


この時に見た景色。

思ったこと。

絶対忘れない。


1

アララト山(5165m)。旧約聖書でノアの箱舟が辿りついた場所とされている。

Secret

TrackBackURL
→http://yuichiroeurasia.blog.fc2.com/tb.php/42-d169b21c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。