--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールでインドビザを取得する方法について書いておきます。(2014年2月末の情報)

今回書いていることは、ツーリストビザの話です。


ネパールでインドビザを取得できるのは、現在首都のカトマンズだけです。
国境で昔は取れたみたいな話を旅人から聞きましたが、今は取れません。


因みに、数年前はインドを出ると、二か月はインドビザが取れないというルールがあったのですが、今はなくなっています。

私もインドからネパールに来たのですが、2か月以内にインドビザを申請しましたが、なんの問題もなく、取得できました。


ビザを申請するところはインド大使館の横にあるビザセクションのところに行きます。
ツーリスト用の宿がたくさんあるタメル地区から歩いて10分くらいのところにあります。

営業時間は9時30分~12時。
並ぶ時は結構並ぶので、9時前くらいに行くといいです。


<必要なもの>
・パスポート
・パスポートのコピー(顔写真のページ)
・ネパールビザのコピー
・(インドに行ったことのある人は、インドビザのコピー)
・顔写真(サイズ4.5×3.5)※サイズに注意。
・現金1600ネパールルピー
・オンラインで申請して印刷した申込書
→申請のサイト:https://indianvisaonline.gov.in/visa/

※顔写真のサイズには注意してください。小さい方のパスポート用の写真だと却下されます。
※これらの書類をそろえられなかった場合、ビザセクションの隣にある写真屋さんでコピーやら、写真撮影やら、オンラインの申請やらいろいろしてくれます。ただ、オンライン申請した次の日からしか申請できないので注意。


<インドビザまでのステップと日数>
①オンライン申請で申込み
②必要な書類をそろえ、オンライン申請をした次の日以降に、大使館のビザセクションに行く。
③申請をし、お金を払い、領収書をもらう。
④一週間待つ。(営業日で5日かかるので土日を含めると最短で1週間はかかる。祝日がかぶるとさらに少し伸びる)
⑤領収書を持って、二回目の訪問。ここでOKならば、パスポートを渡して、次の日の17時~17時30分の間にパスポートを取りに行く。

※土日をはさむと取得できる日が伸びるので、週の前半(月曜日とか火曜日とか)に大使館に行くことをお勧めします。


<もらえる種類と期間>
インドに長期滞在したい人にとって、これはかなり大事な問題でしょう。
あくまで、僕が見た限りのことですが、結論から言います。


もらえる種類は、シングルしかもらえないと思います。
期間は、6か月をもらえる人と3か月しかもらえない人の両方がいます。


私は三か月のマルチで申請したのですが、三か月のシングルしかもらえませんでした。
周りの人に結構聞いてみましたが、ダブルやマルチを取れた人は見つけられませんでした。

6か月申請して、6か月もらえた人もかなりいましたが、3か月しかもらえない人も結構いました。
差はよくわかりません。
運なのか?

ただ、6か月のビザを申請していて、三か月のビザになりそうといわれた時に、しっかり交渉して6か月のビザを勝ち取っていた人もいました。
もし、本当に6か月のビザが必要な人は、その理由などをしっかり伝えられるよう準備していったらいい結果になる可能性が高いと思います。


しかし、インドのビザが切れたからネパールに行って、ネパールでインドビザを取得して、インドに戻る。そして、またビザが切れたらネパールにインドビザを取りに行くということをたくさん繰り返すと3か月しかもらえなくなり、3回以上繰り返すと、もらえなくなるらしいという話も聞きました。

インドでボランティア活動をしたり、ヨガやインド哲学の勉強してりするために、長期滞在が必要な人にはあまりうれしくない情報ですね。


因みに、タイのバンコクでは、6か月のマルチビザを簡単に取れたという日本人にも会いました。
一人なので、確実性は不確定ですが、一応、書いておきます。




<最後に>
インド政府は今資金不足で、積極的に外貨を取り入れようとしているため、日数はかかれども、インドビザは日本人なら取得できます。

それに、ネパールのインド大使館は、ビザセクションを銀行に外部委託しています。
そのため、整理券を発行する機会があって、順番通りに申請できたり、受付の人も対応は悪くありません。

中央アジアでのビザ取得のように、何時間も待つとか、順番がぐちゃぐちゃになってカオスになるとか、領事の人の気分でもらえるかもらえないかということはありません。
時間通りに門も開きます。


ネパールでインドビザを取得したい人はたくさんいると思いますが、必要な手続きをとれば確実に取れます。





Secret

TrackBackURL
→http://yuichiroeurasia.blog.fc2.com/tb.php/54-ac9dd5c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。