--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッサラームアリクム!

こんにちは。

バングラデッシュに入りました!

「アッサラームアリクム!」
モロッコ、トルコ、イラン、トルクメニスタン、ウズベキスタンで散々使ってきたこの言い回し。

この旅最後のイスラムの国、バングラデッシュ。

この旅で大好きになったイスラムの国々。
インドからバングラに入った時に「アッサラームアリクム!」と言われ、夕暮れ時に町中に響くアザーンを聞いた時

「ああ、帰ってきたんだー!」

という感じがしました。

バングラ国境
バングラデッシュ国境




ひげ面の白いムスリムの衣装を着た男性や、ヒジャーブで頭や顔を隠した女性を見たり、時折聞こえるアザーンに耳をすませたり、野牛なく、家畜として飼われている牛を見る度に

「あー、ヒンドゥーの国からイスラムの国にきたんだな」

ということを感じます。



あー、イスラムの国だ…。


うん…。


でも、正直に言います。



今一番思っていることは、



あたまがいたい!!!


ということ。




実は、今バングラデッシュのダッカの病院に入院しています。


なぜ!?


きっかけは数日前に、現地の人と川で遊んだことが原因だと思います。
というか、それが確実に原因です。


数日前、まちを散歩していると、川で遊んでいるバングラ人に遭遇。
インドやネパール、バングラでは、シャワーがない家もあって川や池で体を洗っている人を見かけるのはごく一般的な光景です。


その人たちがあまりにも楽しそうに川で水浴びをしているのを見て、思わず一緒に川に入って遊んでいました。

その時は、文字通り裸の付き合いができて、最高に気持ちがよかったです。

思わず叫んでしまうほどの気持ちよさでした。


バングラかわ2

バングラかわ1






しかし、数日後たつとどうも頭に違和感を感じるようになりました。

そして、だんだん頭にコブのようなものができ始めました。

全然我慢できる痛さなので大丈夫かなとも思ったのですが、頭のことなので、一応念のため病院へ行くことに。


すると、お医者さんからは言われたのは以外な言葉。

「ばい菌が入って感染してるかもしれないから入院してちゃんと治そうか。」


ええええ…!!


それからその日のうちに入院して、今こうやってブログ書いてます。


生まれてはじめての長期入院。

それが外国なんて…。
しかもバングラデッシュでなんて…。




最初はちょっと不安でした。


頭切ることになったら大丈夫なんだろうか。
いつごろ治るんだ。バングラでちゃんと治せるのか!?
どんな病室で泊るんだろう。
食べ物とか大丈夫なのかな…。


でも、検査の結果、感染はそんなにひどくなく、頭も表面だけきってウミを取るくらいであとは点滴で抗生物質を入れ続ければ大丈夫らしい。

早めに病院行っといてよかったー。

あと、なんとドクターが日本語が喋れるという奇跡!


そして、病室はなんと、個室!!

しかも、エアコンが付いていてシャワーもついてる。

自己負担ならこんな部屋に入院はできないのですが、保険がきいているので無料ですべてしてくれるそう。



そして!!

なんと!!!

食事が日本食!!!!!

病院の食事



小林さんという看護婦さんが細やかに気遣ってくれるだけでなく、ごはんまで手作りで作って下さるというありがたさ…。


麻酔や注射は嫌でも、こんなにおいしいごはんが頂けるなら頑張れます。

本当にありがとうございます。

小林さん

小林さんのブログ↓
レイコの部屋





入院しているというような心配かけるような記事でごめんなさい。

でも、僕は元気です。
頭痛はしますが、日に日に良くなっています。

病院で
バングラデッシュでお世話になっている大学時代の友人とーるが来てくれた時の写真。
正直うれしかったです。


そして、幸い大して感染していないし、信頼できる日本人医療スタッフの方もいらっしゃいますので、心配しないでください。


数日後には無事に退院できる予定です。


でも、なるべく早く退院できますように!





結論、

ガンジス川での沐浴はやめておいたほうがいい。
(バングラデッシュの川はインドのガンジス川からきている。つまりインドのガンジス川の下流がバングラデッシュの川になる)


あれ?デジャブ??

Secret

TrackBackURL
→http://yuichiroeurasia.blog.fc2.com/tb.php/62-9170d7fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。